明るい色 茶色 白髪染め おしゃれ染め

若白髪の原因と対策。若白髪を隠す方法・改善策を解説

明るく茶色に染まる白髪染め【おしゃれ染め、ヘアカラーとの違い】

白髪をおしゃれ染めのように染める方法

白髪染めではおしゃれ染めのように明るく染まらないの?

髪の毛白髪を染めるときにこんな悩みがありませんでしたか?

★綺麗に染まらない
★むらができてしまう
★あまり明るくならない・もっと茶色くしたい

こんな悩み、多いと思います。実はこれには染め方使っている白髪染め染料に原因がある可能性があります。


染め方が間違っている?

基本的なところですが、どう染めれば良いかきちんと取り扱い説明書通りに行っていますか?綺麗に染まらない、明るくしたいのにならないという大きな原因としては下記が考えられます

● 放置する時間が短い

説明書通りにしっかり時間を見て、かつ、明るくならないようなら少し長めに放置してみるのが良いでしょう。

使っている白髪染めに問題がある?

こちらのほうが大きな要因となりがちです。良いものを使えば染まり方がぜんぜん違います。個人的な感想としては市販のものより専門の企業に作られた白髪染めのほうが綺麗に染まるなという印象がありました。あとは、白髪染めでも色合いも選べるので、明るめの白髪染めを選んでみると良いでしょう。

● 白髪染めを変えてみる
● 明るい色に染まる白髪染めを選ぶ

私のおすすめは 利尻ヘアカラートリートメント です!下記より少し紹介します。

ちなみに・・・市販のおしゃれ染め・ヘアカラーとの違いって?

市販のヘアカラーでは白髪は染まりません!

ヘアカラーは色を落として(脱色)、そこに色を乗せるという手法なので根本的に白髪染めとは異なります。市販のおしゃれ染めは脱色+色乗せという感じですね。

1317037695_AG_Girls.png一方で白髪染めはもともと白い部分に色を入れていくということなので脱色されたものに色を乗せるという意味では同じですが、脱色はしないので実際に行った結果は異なります。白髪染めにおしゃれ染めやヘアカラーは使わないように注意してくださいね。

初めて白髪染めをするときなどはなんか気が引けるものですが、最近ではネット通販で買えるので気兼ねなくしっかりとした品質の白髪染めで染めるのが一番です!



綺麗に明るく染まるおすすめの白髪染めとは?

a0001_014193.jpgまず、綺麗に染めるために何を基準に選ぶかですが、ポイントは下記の3つです。

Plain_ble_Right.png髪に優しい天然成分

Plain_ble_Right.pngつやつや・さらさらになるトリートメント効果がある

Plain_ble_Right.png明るいカラーを使う

3つ目の明るいカラーを使うのは基本として、髪の毛にやさしい、負担をかけないもの、つまり髪を傷めないものですね。

これを実現するのはやはり天然成分で髪の毛にやさしいもの。もちろん頭皮も傷めないものにしないと髪の毛が次も綺麗に生えてこないので、とにかく天然成分が配合されたものがおすすめです。

さらに、つやつや・さらさらとなるようなトリートメント効果もある白髪染めが良いでしょう。一昔前だとごわごわっとなるようなものも多かったですが、最近は綺麗にまとまりのある髪の毛になるものが出てきています。
これらを実現しているのが 利尻ヘアカラートリートメント です。おしゃれ染めのように綺麗に染まると評判です。

今、白髪に悩む若い層にも人気があるようで幅広く使われているようです。白髪染め業界だと私の知る限りではナンバー1かナンバー2くらいの日本で一番使われ続けている白髪染めです。


一度試してみてくださいね。おすすめです!
kochira.gif明るく綺麗に染まる人気の白髪染め 詳細を見る